まめに洗車とコーティング剤

車のヘッドライトのレンズに用いられている樹脂は、紫外線に弱いため、太陽光に含まれる紫外線の影響によって徐々に劣化し、年月が経つと黄ばんでしまいます。

 

ヘッドライトが黄ばむ・くすむ

 

さらに、走行中にチリなどが当たって傷が付くと、傷の中に入った埃や汚れが紫外線によって焼き付けられ、黄ばみが一層ひどくなります

 

黄ばみの進行を少しでも抑えるには、

 

小まめにシャンプー洗車

 

をしてレンズの埃や汚れを取り除くことが、有効な対策のひとつになります。

 

ポリカーボネートは傷付きやすい素材なので、必ず柔らかい布やスポンジなどを使って優しく洗うことが重要なポイントです。

 

ただし、黄ばみがかなり進行してしまっている場合は、通常のカーシャンプーでは歯が立ちません

 

ヘッドライトのひどい汚れ

 

そうしたケースでは、市販のヘッドライト専用クリーナーを使って磨くことで、黄ばみを取り除くことができます。

 

さらに、クリーニングした後で専用のコーティング剤を付ければ、硬い皮膜が紫外線やチリなどからレンズを保護してくれるので、対策としては万全になります。

日陰に車を置く

小まめな洗車やコーティング剤の塗布は、ヘッドライトの黄ばみを抑える対策のひとつになりますが、あくまでも対処療法です。

 

ヘッドライトの黄ばみは紫外線が原因

根本的な対策としては、紫外線の発生源である太陽光がなるべくヘッドライトに当たらないようにすることです。

 

車は走っている時間よりも駐車している時間の方がずっと長いので、

 

駐車時の紫外線対策が重要

 

になります。

 

もし自宅の駐車場が露天の場合は、紫外線を100%近く遮断するUVカット機能付きの

 

カーポートの設置が有効

 

です。

 

ヘッドライトの黄ばみ防止にカーポート屋根

 

立地条件や月極の駐車場を利用しているなどの理由で、カーポートの設置が難しい場合は、ボディカバーを掛けると良いでしょう。

 

また、出先で駐車する場合は、

 

なるべく日陰に停める

 

ように心掛ければヘッドライトの黄ばみを防ぐことができます。

ハロゲンからLEDに変えてみる

ヘッドライトの黄ばみはこれまでに解説したように、太陽光の紫外線が最大の要因になりますが、熱も一因になります。

 

太陽の熱の影響に関しては、前の項目で解説した紫外線対策をすれば軽減できますが、それだけでは熱対策は万全ではありません。

 

夜間走行時に、ヘッドライトバルブから生じる熱がレンズを内側から焼き付け、黄ばみの要因になってしまうからです。

 

ヘッドライトの黄ばみはライトの熱も原因になる

 

走行中は風が当たって冷却されるのでまだよいのですが、渋滞などで停車時間が長くなると放熱されないので、レンズへの影響が大きくなります。

 

特にハロゲンライトは発熱量が大きいので、

 

黄ばみの進行が早まってしまいます。

 

もし愛車の純正ヘッドライトがハロゲンライトの場合は、発熱量の少ない

 

LEDライトに交換する

 

ことで、黄ばみを防ぐことができます。

交換作業は簡単です

ライトの交換作業は、ライト本体の交換と電源コネクターの抜き差しだけなので、誰もがDIYで簡単に実施できます。(※車種によっては取り外しが困難な場合もありますが、比較的カンタンにできる車両がほとんどです)

ヘッドライトフィルム貼る

ヘッドライトの黄ばみを防ぐための対策を3つ紹介しましたが、もうひとつ対処法があります。

 

それは、

ヘッドライト保護フィルムを貼って黄ばみを防止

 

UVカット機能付きのヘッドライトフィルムを付けること

 

です。黄ばみを防ぐだけでなく、走行中にぶつかってくるチリや飛び石からレンズを保護する効果もあるので、一石二鳥です。

 

ただ、安価なヘッドライトフィルムは見た目のドレスアップ効果だけで、UVカット機能がないので選んではいけません

 

黄ばみ防止の観点からは、必ずUVカット機能があることを謳っている製品を選ぶ必要があります。価格は数千円から1万数千円程度です。

 

ヘッドライトフィルムは、ヒートガンまたはドライヤー、カッターまたはハサミ、霧吹き、中性洗剤または専用液、脱脂剤などを用意すれば、DIYで貼ることもできます。

 

しかし、

 

綺麗に貼るにはそれなりにコツがいる

 

ので、自信がない場合はプロに任せてしまった方がよいかもしれません。