黄ばみの原因No1は紫外線!?

「紫外線はお肌の大敵」とよく言われますが、自動車にとってもさまざまな悪い影響をもたらすことがあります。

 

ヘッドライトの黄ばみの一番の原因…、それは汚れなどではなく

 

紫外線だといわれています。

 

ヘッドライトの黄ばみは紫外線が原因

 

かつてヘッドライトはガラス製でしたが、事故のときに歩行者等を守るため、現在はポリカーボネートを使用したヘッドライトカバーでランプを覆うものがほとんどです。

 

ポリカーボネートは軽く、加工しやすいため、自動車の部品によく利用されています。その一方で紫外線を100%吸収し、その結果分子構造が壊れて、茶色系の物質が形成されるという化学変化(黄劣変化といいます)を起こすという性質も持ち合わせているのです。

 

ヘッドライトが黄ばむのはこの作用によるもので、対策としてヘッドライトカバーにはコーティングを施してあるのですが、それも経年変化で剥がれていってしまうことは避けられないのです。

 

洗車による傷が黄ばみになることも

きれいに洗車した愛車、とても気持ちがいいものですよね。しかしその洗車が、ヘッドライトの黄ばみの原因となるのをご存知でしょうか。

 

洗車で使用するカーワックスやシャンプーには、油分が含まれています。この油分が紫外線を浴びることで劣化し、ヘッドライトカバーに塗られているコーティングを弱めてしまうのです。

 

洗車がヘッドライトの黄ばみをつくる

 

さらに、ボディ表面に細かいホコリなどが残ったまま洗車すると、そのホコリがヘッドライトカバーに細かなキズをつけることになり、これも同じく黄ばみの原因となることも。

 

洗車を行う際には、まずこの

 

ホコリや汚れを水洗いでしっかり落としてから

 

行なうことが大切です。

 

洗車機も日々進歩しており、手洗いと変わらない仕上がりになる機械も増えてきましたが、それでも作業前のひと手間は欠かさないようにしたいですね。

 

ヘッドライトの内側に黄ばみや曇りの原因が

ヘッドライトの黄ばみや曇り最大の原因は紫外線ですが、それだけではなくヘッドライトの内部にも原因となるものがあります。

 

ヘッドライトカバーの材料であるポリカーボネートは、

 

高温多湿に弱いという性質

 

があります。ハロゲンやHIDランプは、点灯しているとかなり熱を帯びてきます。

 

ヘッドライトカバー内部は、密封性が高いため、その熱はなかなか外に抜けずに熱がこもってしまうため、それがヘッドライトカバーを内部から劣化させることになるのです。また通常の車ではヘッドライトの近くに高熱を発するエンジンが置かれているので、もちろんその影響もあるでしょう。

 

消費電力の少なさや明るさ、寿命の長さといったメリットが多いことから、最近はLEDヘッドライトを採用する車も増えてきました。

 

ヘッドライトをLEDに換える

 

LEDであればハロゲンやHIDのように高熱にならないので、黄ばみ対策の面からも交換を検討してみても良いでしょう。