黄ばみのないヘッドライトへ

大切にしたい愛車。

 

もしくはこれから売ろうとしている愛車。

 

いずれにせよ、

 

ヘッドライトがロウソクみたいな黄色さ

 

じゃ、車全体が汚く見えてしまいますよね?

 

ここではヘッドライトの材質から、キレイに仕上げる方法までをまとめてみました。

ヘッドライトの材質は?

そもそもヘッドライトは何の材質で作られているか、ご存知の方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

ヘッドライトの材質とは

 

結論から言えば、ヘッドライトの材質はポリカーボネートというプラスチックです。有機ガラスとも呼ばれていて、CDやDVD、スマートフォンなど様々な製品に活用されています。

 

ポリカーボネートは、衝撃に強く耐熱性にも優れています。一般的なガラスの250倍以上の耐衝撃性があるのにガラスと同等程度の透明性もあり、こういった特性からヘッドライトに採用されています。

 

以前はヘッドライトにガラスが用いられたこともありましたが、事故を起こした時に飛び散ってあぶないことや、費用がかかることから使われなくなりました。

 

そんな衝撃や熱に強いポリカーボネートですが、やはり経年による劣化は避けられません

 

ヘッドライトの黄ばみ

長期間紫外線にさらされていると、劣化して黄ばみが発生してしまいます。

 

「 紫外線による劣化 」

 

これこそがヘッドライトが黄ばんでしまう原因です。

 

メーカーは自動車が紫外線にさらされることを想定して、ポリカーボネートにコーティングを施してくれていますが、それでも時間が経てば劣化してしまいます。また、小石などにより小さな傷がたくさんついてしまい、その部分から黄ばみが広がっていくこともあります。

 

金属用洗剤 ピカールが定番!?

ヘッドライトの黄ばみは、

 

ピカールで磨くときれいになる

 

なんて言われています。

ヘッドライトの黄ばみにはピカール

 

ピカールは金属用の洗剤ですが、使用用途にはプラスチックもOKと明記されているので、ヘッドライトへも問題なく使用することができます。

 

ただし注意したいのは、ピカールは

 

黄ばみを除去することに特化した洗剤ではない

 

ということ。

 

かるい汚れやほんのり黄ばんでいる程度ならきれいにはなりますが、あまりにもひどい黄ばみの場合それほど効果は期待できません。

 

ピカールは軽いメンテナンスやクリーニングのためのものだと理解しておきましょう。

 

ヘッドライトクリーニングの方法

それでは、ピカールを使用して自分でヘッドライトをクリーニングする場合の方法を紹介します。

1.マスキング作業

まずはじめに、ボディなど余計な部分を汚してしまわないよう、ヘッドライトの周辺をマスキングテープなどで養生しましょう。それが終わったらいよいよピカールの登場...かと思いきや、まだもう少しピカールは横に置いておきます。

2.汚れ落とし

養生の次は、目立つ汚れを落とす作業を行います。こちらは洗車用のスポンジなどを用いて、洗車をするときと同じように汚れを落とせばOKです。ちなみに、ピカールを使う前に耐水ペーパーを用いて磨けば、よりきれいに黄ばみを落とすことが可能です。

なぜ先に汚れを落とす必要があるの?
汚れを放置したままピカールを使用すると、傷がついてしまう恐れがあるからです。ピカールには研磨剤が使用されているので、汚れの上からこすると傷がつくことがあります。

3.いよいよ磨き

ヘッドライトの汚れを落としたら、ピカールをやわらかい布などにつけて根気よく磨いていきます。この際に布が変色してしまうこともあるので、色が変わっても大丈夫な布を使用するようにしましょう。

 

ピカールより「おふろのルック」が最強説

さて、先ほどはピカールを使用してヘッドライトのクリーニングを行う方法を紹介しましたが、実はピカールよりもっとお手軽な上に、より高い効果を見込めるものがあります。

 

それは、LIONから販売されている

ヘッドライトの黄ばみにはおふろのルック

 

「 おふろのルック 」

 

です。クレンザータイプのものが販売されていますので、そちらを使用するといいでしょう。

 

ヘッドライトクリーニングの手順は先ほどのピカールと同じですので、簡単にお手入れをすることができます。

 

どうでしょう?磨いてみてとてもキレイになったのではないでしょうか?

 

ヘッドライトがキレイになったら、車全体もキレイに見えているはず。

 

一度こちらから車の価値を確認してみませんか?

 

→試しにどれくらいの価値があるのか見てみる

 

黄ばみを放置するとヘッドライトの交換が必要になる場合も

ヘッドライトに黄ばみが出てきても見て見ぬふりをして放っておくと、最悪の場合

 

ヘッドライトカバーを交換しなければならない

 

事態になってしまうかもしれません。

 

ヘッドライトの黄ばみのせいで交換が必要になる場合も

 

次の項で説明しますが、ヘッドライトの黄ばみがひどいと車検に受からない可能性があります。車検に通ることができなければその車に乗れなくなってしまうため、ヘッドライトはしっかりとお手入れをする必要があります。また、黄ばみがひどいとヘッドライトの光がうまく分散しないため、夜間の走行が危険になります。

 

ヘッドライトの交換にはある程度の費用がかかりますし、交換したとしても適切にメンテナンスをしなければいずれはまた黄ばみがひどくなってしまいます。おふろのルックなどを活用すれば手軽にヘッドライトを磨くことができるため、面倒くさがらずきちんと手入れをすることが重要です。

 

ヘッドライトの黄ばみは車検に受からない

先ほども軽く触れましたが、ヘッドライトがひどく黄ばんでしまっている場合、車検に受からないケースが多々あります。

 

これは、ヘッドライト表面の黄ばみに加え反射板までも劣化してしまい、ヘッドライトの光がうまく散らなくなってしまうことが理由です。

 

ヘッドライトの黄ばみのせいで車検に受からない場合も

 

DIYでヘッドライトの黄ばみを落とすことができればそれに越したことはありませんが、あまりにもひどい黄ばみはプロに依頼した方が簡単です。車検に受かるか不安になるほど黄ばんでいるのなら、プロへの依頼も検討してみましょう。

 

→オートバックスなどに依頼するならココ